FC2ブログ

読書日記 柚月 裕子著『盤上の向日葵』

昨年の本屋大賞2位になった
柚月 裕子著『盤上の向日葵』を
読みました。


白骨死体と一緒に発見された
名匠作の伝説の将棋駒を手掛かりに
事件を追う元奨励会会員の刑事と
華麗な企業家からプロ棋士に転身した
青年の物語が徐々に収斂していきます。

北欧ミステリーに見られるような
重さや陰惨さはあまりなく、
すーっと読める感じ
です。

将棋の盤面が載ってないのが、
ちょっと残念です。
NHKでテレビドラマ化もされるようです。
スポンサーサイト



検索フォーム
RSSリンクの表示
お気に入りのブログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR